スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.09.27 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

恵みの雨!


ケイタイ原始人がいちびってスマホに機種変したものの、どうにもこうにも画像の向きが思うようにならず(縦にして撮っているのにブログやSNSに貼り付けると横に表示される・・・なぜ?)、結局はPCに画像を送って投稿する始末。
意味ないやん。
画面が割れさえしなかったらあの古いケイタイで十分だったと今頃惜しくなる。



小雨の中、誰もいないことを想定して出かけた人工海浜公園。もちろん誰もおらず。
涼しいのでひさしぶりにアッシュのエンジンがかかった!びゅひょ〜ん!!!
しばらく暑すぎて弾丸走りは封印していただけだったのか。すっかり老け込んでしまったのかと実は心配だった。




なんなら戻ってみせるぜ!



雨で、海水で、砂だらけ、ときたら洗うしかない。





あ、スカイマーク。




ひっくり返って



残暑





お見舞い





申し上げます。




夕飯の準備ができた後、キッチンカウンターの横でよだれを垂らして待っているアッシュに「おしっこ行っとこっか〜」と屋上へ連れていく。「しっこ!」で、じょんじょろ〜っと言われたことをやり終えると、猛ダッシュで屋上を後にし、階段を駆け下り、廊下を走り、再びのキッチンカウンターの横で急ブレーキをかける。この子、こんなに必死になる犬だったかな?

「よし!」   

いただきま〜す!

いい子、いい子。^^





  • 2011.08.13 Saturday
  • -
  • 23:31
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by NAL

ボクサー犬の絵: Flip, Bas & Roxanne



ここしばらく描いていた絵を紹介してみよう。まずはボクサーから。
左からBas, Roxanne, Bas & Flip、いずれもオランダで暮らすボクサーたちだ。私がネット上で公開している絵を見たMarietteという女性が「ぜひ私のボクサーも!」と依頼があったのはまだ初春の頃だった。




"Bas and little Flip" 鉛筆デッサン、紙 2011


Marietteは3年前にBasという牡のボクサーを11歳と5ヶ月で亡くし、現在は牡のFlipと暮らしているが、彼女がまず話してくれたことはBasは小さいボクサーで体高は60cm、そして彼とは対照的にFlipはなんと70cmもある大きなボクサーだということだった。どちらもボクサーのスタンダードからは外れてしまうサイズだけど、この大小のボクサーを彼女はとても誇らしく紹介してくれた。上の鉛筆デッサンは生後3ヶ月のFlipを9歳半のBasが優しく見つめている様子。私はこのとき初めて白髪のあるボクサーの顔を描くことになった。どのように鉛筆を走らせればいいのか、ほんの少し考え込んだ。仔犬が持つ弾けるようなそして柔らかな質感と、私にとってはまだまだ未知の領域にある老犬の雰囲気をうまく引き出せただろうか?

FlipはMarietteとIPO3を取得し、去年とそして今年のATIBOX IPO WMにも出場している。どの写真にも本当に楽しそうに訓練をする彼女とFlipの姿があって、また彼女から聞く話はとても魅力的だ。






"Bas" 水彩画、紙 2011



 



"Sleeping beauty, Roxxane" 水彩画、紙 2011


そしてRoxanneはMarietteの大切な友達Chantalの愛犬だ。彼女の誕生日プレゼントに絵を送りたいということだった。実はこの写真が送られてきたとき私は戸惑った。なぜならばボクサーの顔の一部が毛布で隠れていて、しかも体を丸めている。ボクサーらしいボクサーの姿というよりかは、どこにでもある日常の犬の姿を描ききれるか不安になった。しばらく考えて、別の写真にしたらどうか?と打診をしようかとも考えたが、「Roxxaneは本当によく眠る犬で、これが彼女のスタイルであってその姿はとても美しい。」とMarietteが書いていたことを思うとついにそれを言い出せなかった。この写真から受けた第一印象こそ、このボクサーのことを知らない私ならではのもので、Roxanneをよく知る彼女がこの姿の写真を選んだのには必ず意味があるのだろうと信じることにした。そして私はこの写真から得られるインスピレーションをじっくり待ち、鉛筆を持った。

そうして仕上がった絵をまずは写真に写して送ったところ、大感激している様子のメールがあった。「あなたは一度も私のボクサーたちに会ったことがないのに、まるでとてもよく彼らのことを知っているように、彼らの本質を見事に捉えています。私は今涙を流しています。」
絵の依頼を受けてから、彼女とは業務的な内容だけでなく、お互いのボクサーの話をたくさんメールで話した。絵を描きながら他愛もない話をメールでするということは、ときに英語力が追いつかなくてもどかしい思いもしたが、依頼者とコミュニケーションを取るということはどんな場合でもやはり重要なことだとわかった。逆に言えばこれができないとつまらない絵になるのかもしれない。私は彼女と彼女のボクサーにあるバックグランドを知ることで、写真からイメージを膨らませることに成功したようだ。だから彼女の言葉はこの上なく嬉しかったし、私のすべての努力が報われた気分になった。


9歳の誕生日 ⇔更塋圈紛田川・赤目四十八滝)



アッシュの勘は素晴らしい!偶然、櫛田川と出会う。

ホテルを後に私達は三重県と奈良県の県境にある赤目四十八滝を目指した。せっかく伊勢志摩まで来たのに観光名所に行かないのはさすがに後ろ髪をひかれる思いだったけど、夏にボクサーと旅行をすると決めたからには仕方ない。海よりも山、そして川を求めて私達は行くのだ。(結局また川かよ〜ということだね。)神戸まで名阪国道を通って帰れば(行きは名神)、途中で赤目四十八滝に寄って帰れるじゃないか!とは元奈良県民のナイスアイディア!(とこのときはそう思っていた・・・。)子供の頃に両親に連れて行ってもらったこともあって懐かしい。

さて、ホテルのある志摩から赤目までは名阪を使わずに、松阪市を通り抜ける伊勢本街道という昔のお伊勢参りに奈良からのルートとして使われた街道をひた走ることにした。途中、茶倉という道の駅でトイレ休憩をとったところ、道の駅としては規模が小さかったため先を急ごうとしたのだけど、アッシュがどうしても目の前にある長い階段を上がりたいときかない。まったく暑いのに、しぶしぶ上がってみると展望台があった。もうここまでのつもりが依然先を歩きたがる。ずっと車の中もかわいそうだし、ガス抜きになるならなぁいいか・・・と行くままに着いていった先には・・・

なんと絶景が広がっていたのだ!





おいらの五感をみくびるんじゃねえよ。




櫛田川の上には茶倉橋というつり橋がかかっていた。床板は微妙に隙間があいていて、下を見ても空を見上げてもスーッとする。というか・・・高所恐怖症の私にはたまったもんじゃなかったよ・・・




すすいのすーいすい。
翌月曜日の新聞によると、この日は全国で水難事故が多発していたようだ。この川はいつも遊んでいる川とは違って深くて流れの速い場所もあったので、枝を遠くに投げないように注意しながら遊んでよかったのだ。やっぱり何かあったときに助けられる範囲じゃないとね。いくら泳ぎが達者なアッシュだとはいえ過信してはいけない。




レトリーブしてくるときの顔はいつ見てもかわいい。
君のおかげで素晴らしい景色を見ることができたよ!このままずっとここで遊んでいたい気もしたけど、この日のメインは赤目四十八滝であることを忘れてはいけない。さぁ次に行こう!!!




車酔いも限界に達したところで赤目に到着した。顔面蒼白でしばらく座り込む・・・。そりゃね、伊勢本街道はヘビィ。地図上では確かに志摩からは最短ルートだけども、こんなに辛い思いをするなら・・・と何度嘆いたことか。ま、そんなことはさておき入山料金を茶店で支払おうとしたら、ここを管理しているおばあちゃんはアッシュのことをそれはそれは大歓迎してくれた。「こういうわんちゃんにはそらええわ!楽しんできいや〜!!!」とにこにこ。その一言で車酔いはどこかへ飛んでいった。^^



透明度の高い場所では底が見えるのが怖いのか?なかなか慎重で泳ぐのも躊躇する。ここではなんとか取りにいったけど、滝つぼでは散々ボヤいた後ワン!ワン!と吠える始末。「あら〜大きなわんちゃん遊んでる〜」なんて、くすくす笑いされたりして。^^;





マイナスイオンをたっぷり浴びながら「来てよかった」と感激しているところに雨がぽつぽつと降り出した。私達はオオサンショウウオセンターのある入山口とは反対の出合から入ったのだけど、入山時間が遅かったため半分まで行って引き返すつもりでした。茶店のおばちゃんお勧めの荷担滝まではとにかく見て帰ろうと、小雨の中をもう少しだけ歩いてみることにした。ところが雨はいっこうに止まず、荷担滝に着いた頃は雨脚が増して強くなる。雨宿りする場所も近くにはないし、もう茶店に戻るしかない。カメラは1枚だけあったスーパーの袋に包んで抱きかかえ、まったくサバイバルな帰り道だった。

そして茶店に着いた頃、雨は上がった・・・。

「なんともまぁ〜かわいそうにー!!!ほら、ここであんたらとわんちゃん洗ったりー!」
やっぱりおばちゃんは親切で、ジュースを冷やしているホースを渡してくれた。そして「荷担滝は見てきたか?」って、こだわるねぇ。^^; 「最後に見れた!」と言うと、「それやったらよかったわ!」と相当この滝がお勧めらしい。






私達が遠出すると何かしらハプニングがついてまわる。そして帰路はいつも反省会・・・。ああでも私達が連れている子がボクサーでよかったよ。ちょっとの雨くらいじゃ動じないし、文句も言わずに受け入れてくれる。雨の中をたくましく歩くアッシュの背中にどれだけ励まされたか。ありがとうね、アッシュ。すべてを含めて楽しい旅行だったよ。これから本番の暑い今年の夏も無理しないで乗り切ろうね。そして涼しくなったらまたどこかへおでかけしましょう!

あ、上のフォトフレームは旬香さんにいただいたもので、朝食をとりにレストランへ行くとテーブルの上に置かれていたのだ。(9歳の誕生日 ⇔更塋圈憤棒志摩)の朝食のテーブル参照
家族写真なんてこれが初めてじゃない???お姉さんがアッシュをカメラ目線にするためにボールを鳴らしたところ、
「くれんの〜?」とずんずん歩いたところを激写。なかなか面白いアングルだ。^^


9歳の誕生日 ⇔更塋圈憤棒志摩)

 

アッシュも私もお利口にしてるといいことがあるんだとー。

誕生日の夕方からはバースデー旅行へでかけた。行き先は伊勢志摩、アッシュの息子ぷぅ家が去年行ったお宿、
HOTEL旬香 伊勢志摩へ我が家もマネっこでお邪魔した。ホテルのすぐ目の前には海水浴場があって抜群のロケーション!できることなら朝から出発して夕方にはビーチでひと遊びしたかったけれど、あいにく我が家は土曜も仕事なので到着は日没・・・。海は翌朝のお楽しみということで、楽しみにしていたお料理をいただいた。

このホテルでは犬用のバイキング(魚、鶏、牛、野菜、フルーツ)もあって、スタッフのお姉さんが器に入れてくれる。栄養素が流れ出してそうな食材を見て私はこれを注文する必要がないと思っていたのだけど、ここは父心?のF氏、ちゃっかり注文していた。^^;もちろん何でも食べるアッシュは4皿ぺろりとたいらげ、当たり前にまだまだ食べられるけど私のストップで終了。お隣の小型犬のご家族は1皿に盛られる量とおかわりの回数、そしてテーブルの下で繰り広げられるダイナミックな食べっぷりに唖然としていたのは言うまでもない。




ドッグカフェとか犬と泊まれるホテルで料理は期待してはいけないと考えている。しかーし!ここに限ってはぷぅのかあちゃんが「おいしかったよ〜」と言っていたので安心していた。いやいや安心以上の大満足だったよ!!!
この時期は旬のカツオ(カナッペ、カルパッチョ、お刺身、団子のスープ、手ごね寿司)とアワビのお刺身、そして松阪牛の鉄板焼きが宿泊料金の中に入っているとは驚き!カツオがちと苦手な私でも新鮮だったので美味しく食べることができたし、肉大臣のF氏は松阪牛に大満足していた。さすがに松阪牛は期待してなかったんだけど、すんばらしい!スタッフのお姉さんたちも素敵な方ばかりで、白ワインのフルボトルなんてあっというまに空いた。




NALちゃん、今晩もご機嫌やね〜。僕にもケーキをおくれよ。




予約フォームのコメント欄に誕生日を書いておいたら、サービスのケーキにメッセージという心にくい演出。そして「お歌を歌わせてただきます。」というスタッフのお姉さんに、なぜだかF氏が照れてしまってお断りしていた。笑




食事の後はほろ酔いでビリヤード。




ビリヤードの後はロビーで休憩。このソファーのサイズ、アッシュにちょうどいいねぇ。




もちろん犬用アメニティーも充実しているし、部屋は清潔感があって、ベッド・シーツもクオリティーよし!ここのお宿は本当に料金以上だ。大浴場で会話をした方はここが5回目の宿泊だと言っていた。関東も含めいろいろ行ってるけど、西ではここが一番らしい。うんうん、また来たくなる場所だわ。




翌朝は楽しみにしていたビーチを散歩。




うっきっき〜。泳ぎはしなかったけど、海水を飲んだせいで以降はピーピー。 




食事中にさりげなく映り込むあーちゃんがかわいい。朝食も食べたし、さぁ!出発だー。
旬香さん、お世話になりました。またきっとお邪魔すると思います、違う季節に。^^ (つづく)



9歳の誕生日 …食編



ハッピーバースデー あーちゃん!!!
とくまるさん、れーちゃん、ぷりん君もおめでとう♪♪♪
暑いけどみんな元気???

今日はアッシュの9回目の誕生日。これまでは誕生日だからといって特別なことは何もしてこなかったのだけど、毎日楽しそうに健康でシニアのステージに立っているアッシュを見ていると、またこの日を迎えることができた喜びを実感する。イベント計画に弱いながらも今年はちょっと張り切ってみた私、



こんなん作ってみました。^^
↓ ↓ ↓






前の夜に仕込んでおいたチキンとトマトのひんやり寒天ケーキ。夏の朝ごはんによかろう。
9歳の誕生日にはいつもと違うことをしよう!と考えた日からバースデーケーキを作ろうかとレシピを集めていたけれど、節電要請のある今、できるだけ電力の消費は抑えたいな・・・ということでいつものごはんをアレンジしてみた。朝から料理人になったような気分で楽しかったなぁ。ときにはこういう余裕ある遊びも大切ね。^^




ヨーグルトが顔に飛び散ってもおかまいなしだけど、(気づかずに)ロウソクを刺したままで「よし!」と言っても食べなかった。腹ペコでもお利巧さん。ドームのままだと食べにくかったようなので、このあと器も変えてクラッシュして食べましたとさ・・・。やっぱりいつものぐちゃぐちゃ飯でいいのだ。笑

午後からはバースデー旅行へ出発!!!


キーラが出産したよ!



おめでとう、キーちゃん。
6月2日、アッシュの娘キーラ v. ウエストマウンテンが出産しました。男の子2頭、女の子2頭です。
母犬が仔犬を抱えてる姿ほど感動的な図はないな〜。おちびさんたち、早く顔を見せておくれ♪

キーラといえば。
一緒に暮らしているダーマが出産したとき、それはもう良き遊び相手になり面倒見も良かったそうですよ。
ここだけの話、仔犬の母ちゃん以上だったそうよ!な〜んて余計なことをバラしてみる。笑)ダーマとキーラのホームページ Dharma のギャラリーページにはその証拠写真があるんだから仕方あるまい。
私がキーラに持つ印象と言えば、女っ子〜なボクサーではなく、どちらかというと男子っぽくサクッとした明るさのあるボクサー。親父譲りの不思議ちゃんとの噂があるのはきっとそういう一面があるからだろうと。(どんなん?)
どっちにしても可愛いってことだと思います。〆


ドイツ系ボクサー ダーマ犬舎 (東京都)
HP: Dharma




fotologue 更新

 


fotologue


夙川まで桜を見に行った先々週の日曜日、人が多すぎ見事に失敗。次の日、悔しくて実家近くの公園までカメラを持ってお散歩お散歩。リベンジ大成功〜!ひゅ〜っ♪
なんだかんだで地元が一番。(と言ってもこの公園も隠れ名所なのだ。^^)
ということで、ひさしぶりのfotologueに2011年の桜とアッシュを。白髪増えたなぁ〜。
  • 2011.04.27 Wednesday
  • -
  • 12:17
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by NAL

被災地へ。

 

「わたしにできること。」がたくさん集まりました。そして昨日、みなさんの思いを日本赤十字社に託しました。

地震発生から1ヶ月が経った今もなお余震がおさまることはなく、TVのむこう側からは不安な声が絶え間なく聞こえてきます。東北、そして北関東にはボクサー犬をつうじて知り合った友達が暮らしていますが、気丈にしているようでも時として言葉の端々に心労が見え隠れし、彼女たちとご家族、そして愛犬たちの心休まる時間が1日でも早く戻ることを願ってやみません。

現在私が暮らしている神戸の街並みを見ていると、「明けない夜はない。」「止まない雨はない。」という言葉が思い浮かびます。16年前の阪神・淡路大震災当時、私は奈良に暮らしていたので地震被害は受けませんでしたが、今暮らしている兵庫区は壊滅的な被害を受けたそうで、F氏の実家は倒壊は免れたものの、その後に起こった近隣からの出火によって全焼したと聞いています。当時の記録写真を見ると信じがたいほど見るも無残な焼け野原しか写っていません。義父、義母ともに多くは語りませんが、さぞかし大変な苦労があったのだろうと思います。
私が知る神戸は見事な復興を遂げた街。きっと東北も神戸に負けない底力で立派に復興していくのだと信じています。
そのためにも「わたしにできること。」をどんな形であれ続けてきたいと思っています。
Tシャツ募金にご賛同いただいたボクサーフレンズ、そして奈良の友人たちに感謝し、被災地の1日も早い復興を心からお祈りします。
  • 2011.04.15 Friday
  • -
  • 17:49
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by NAL

東北地方太平洋沖地震 Tシャツ募金 (4/12 完売しました!)



東北地方太平洋沖地震により亡くなられた皆様のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 1日も早く被災地の皆様が安心して暮らせますように。

今、私が最初にできることを考えてみました。現在はお休みしている小さなウェブショップBOXERISEで、2008年夏から2009年にかけて販売しましたオリジナルTシャツ(3種類)の在庫が、限られた枚数ではありますが手元にあります。そのまま被災地へ送ることも考えましたが、サイズや枚数にばらつきがあること、ましてやこの寒さでは役立ててもらえそうにもないので、手元にあるTシャツの売り上げを義援金として、 日本赤十字社 を通じて被災地へお届けすることにしました。日頃利用しているSNS等で先行して告知たところ、さっそくボクサーフレンズに賛同していただき、すでに12→10枚の申し込みがあります。もともと在庫枚数が1枚、2枚のサイズもありましたので、こちらでご案内する現時点で品切れもしていますが、BOXERISE Tシャツにご興味を持っていただける方はこちらでの募金活動にご協力いただければ幸いです。



上記3種類のTシャツを1枚2000円で販売し、その全額2000円を義援金として日本赤十字社へ私NALが皆様に代わってお送りします。
なおこのTシャツ販売期間は、日本赤十字社の取扱期間に準じて平成23年9月30日(金)までを一区切りに考えていますが、Tシャツがなくなりしだい終了させていただきます。日本赤十字社への送金が完了した際には、この活動にご参加いただいた皆様には正しくお知らせします。
※3/26、送り主の名前について修正しました。以下の 続きを読む >> から、■お申し込みの流れ (6)日本赤十字社への振込みをご覧ください。


続きを読む >>
  • 2011.03.23 Wednesday
  • -
  • 11:32
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by NAL

<< | 2/4PAGES | >>

profile

photos



★ 日々更新 ★
写真にマウスポインターを置くと
ショートテキストが読めますヨー。

selected entries

categories

archives

links

follow me on twitter

others

QLOOKアクセス解析

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR