スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.09.27 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

雪遊びだ!

 

まず最初に言い訳を。吹雪の中で傘をさしながら、片手でカメラを持って撮影したので、苦労したわりにはどれもボケた写真ばかりなのだ・・・フッ。技量のなさを傘のせいにしてみる。^^

先週の日曜日に私たちはこれまた思いつきで、しかも昼前に北近畿へ向けて出発した。先週末といえば京阪神でも積雪が見られるだろうという予報で、北近畿ともなると大雪警報が出るということだった。豪雪地帯の暮らしをよく知らない私は(あれ〜?F氏は福井と新潟で暮らしてたのに!?)「行こか!」と言うF氏の発言に「行こ行こ!」と即決。去年から「スノーボードに行きたい」とうるさかったこの男をなんとか引き止めてはいたのだけど、考えようによってはアッシュも行ける場所なら私も楽しいんじゃないかと。



三田あたりから雪景色が広がり、北近畿豊岡自動車道に乗るといよいよ本格化。この先、「もう嫌だー!」と思うことも知らずに有頂天でカメラをかまえる。が、丹南篠山口で突然すべての車が強制的に降ろされてしまう。この先通行止めだと・・・和田山まで下道で行きなさいと・・・ここから私たちはやっとこの計画性のなさを悔いるのだった。
まずどこのスキー場に行くかも決めてないのだから完全にナビ頼り。おまけに徐行運転とくる。昼食もとらずになんとか到着したときすでに15時!ありえんね。F氏はいそいそと準備をし、雪山を滑るため一旦私たちと別れる。私はとりあえずアッシュを排泄に連れ出すが、ここで私たちの存在がとても場違いなことにやっと気づく。^^;



駐車場から離れた人気のない場所でちょっくら遊ばせてみる。この真っ白な世界にアッシュのテンションは上がるいっぽうだった。何を思うのか、山の斜面にこだわる男。登りたかったのかな?
吹雪かない時間はほんの一瞬しかなくてすぐにまた車に戻った。フロントガラスが雪に覆われていくのを見ながら、なんだか車の中が特別な世界に思えたりなんかして。雪山を滑るのが目的で人が集まっている中、私はそんなことにまったく興味を持たずにただいつもどおりアッシュと一緒にいる。



1時間ほどしてF氏が降りてきた。ちょうど吹雪がおさまって私たちも外に出ていたので場所を変えてみた。せっかく雪をかきわけて道を作ってあげたのにアッシュはどうしても行けないんだと。まさかまさかの座り込みかよ!



F氏と替わって私がむこうに行くと・・・すごーく困った顔で少しぼやいてあくびをしたあと、意を決したのかすごい勢いでこちらに来た。やればできるぢゃんね〜やりなさいよ、最初から。

そしてまた吹雪いてくる。(結局これの繰り返しだった・・・)スキー場も営業終了ということで「但馬牛でも食って帰るか〜」「いいね〜」と和田山に向かうのだけど・・・和田山の中心地付近は完全に交通が麻痺していて、PAOPAO(道の駅みたいな場所)のトイレも人であふれてパニック状態だった。とてもじゃないけど但馬牛を食べて帰ろうものなら日付が変わる!と先を急ぐことにした。しかしこの帰り道がまた恐怖・・・前が見えないほどの吹雪に襲われながら、しかもワイパーが凍ってうまく雪が落ちない!ハラハラして体に悪かったなぁ・・・なんとか22時には帰れて、結局いつもの焼肉店に行く。笑

結論、大雪警報が出るなんてときにわざわざ行くことはない。いやむしろ行ってはならないのだ。

スポンサーサイト

  • 2012.09.27 Thursday
  • -
  • 10:53
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


profile

photos



★ 日々更新 ★
写真にマウスポインターを置くと
ショートテキストが読めますヨー。

selected entries

categories

archives

links

follow me on twitter

others

QLOOKアクセス解析

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR